部屋探しで度肝を抜かれる

玄関の前までくると、玄関のドアまで真っ白に塗られていて、なおかつ木のドアみたいなデザインに仕上げられている。部屋探しで建物にコンセプトを感じたのは初めてかも。これはこれで、統一されたデザインでコンセプト通りで素晴らしいと思う。だけど周囲から浮きまくって、ここだけリゾートのようなイメージなのはどうかな。今日の部屋探しは度肝をぬかれるとこばっかりで、楽しいようなうんざりするような、複雑な気分になってくる。

部屋探しで初めて見た

営業マンが鍵の手配を終えて戻ってくると、いよいよ中に入っていく事になった。ガチャ、ブレーカーを上げなくても十分に明るかった。今回の部屋探しは日当たりが良いところ限定なので、その部分に関しては申し分なかった。しかし中に進んでいくと、信じられないものが目に飛び込んできた。なんだこれは、こんなの部屋探しで初めて見た。なんと電動で上下に動くベッドが据え付けられていた。営業マンも初めて見たらしく、実際に動かしてみた。

部屋探しで言葉を失う

ウィーンと音が鳴りながら動きはしたけど、これに何のメリットがあるのか分からない。たとえ上にあがっても、このベッドを支える4本の柱が邪魔で意味がない。部屋探しのプロもフォローする言葉が見つからず、これは何なんでしょうかねとあきれる始末。とりあえずこれで、今回の部屋探しで見るべきところは終わった。営業マンが今日のところはどうだったかと感想を聞いてきた。最初のところは外観の色がひっかかってるんですと伝えた。

Copyright (C) 2017 部屋探しでの驚き All Rights Reserved.