部屋探しで悩む

次に行きましょうかと営業マンに促されて、やっと頭の中で考えて悩んでいた世界から引き戻された。あっはい、よろしくお願いします。部屋探しでこんなに悩めるのは、きっと良い事なんだよね。車に乗り込んで、今度は駅から近いほうの物件に向かうらしい。ほどなくして現地に到着すると、車から降りる時にちょっと身構えてしまった。部屋探しで一度に二箇所も奇抜なものに遭遇するとは思わないが、なんとなくだけど嫌な予感がしていた。

部屋探しの悪い予感

車を降りて営業マンに促されながら歩いていくと、またしてもなんかすごいのが視界に入ったけど、まさかあそこではないだろうと思っていた。すると部屋探しのプロは、一直線にそこへ向かって行った。嫌な予感が見事に的中、さっきのに比べればいくぶんかはマシな色だけれども。たった一回の部屋探しでこんな物件に立て続けに当たるのは、ほとんど奇跡と言っていいんじゃないだろうか。今度も外見の色がおかしい、一昔前のものにしか見えない。

部屋探しに楽しみを

昔の外国の映画でヨットハーバーのイメージだよ。鮮やかな水色の外壁に、出窓や屋根は真っ白に塗られている。周囲からは浮きまくりの勘違い建築と表現できる。ここも部屋探しでは人気があるようには思えない。さっきのところと同様に、内装がものすごくいいなら話は変わってくるけれども。そういった期待をかけてしまうのもどうかとは思うけど、部屋探しに楽しみを見出すにはそれしかない。営業マンと一緒におそるおそる近づいていく。

Copyright (C) 2017 部屋探しでの驚き All Rights Reserved.